アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ドライアイ改善7STEPプログラム
ブログ紹介
視力回復法のドライアイ改善7STEPプログラムを紹介しているブログです。
zoom RSS

ドライアイ改善7STEPプログラム レビュー

2012/02/28 18:13
ほんべ式 疲れ目 眼精疲労 ドライアイ改善7STEPプログラム

ほんべ式 疲れ目 眼精疲労 ドライアイ改善7STEPプログラム




疲れ目、眼精疲労、ドライアイは「目」だけの病気
目薬で改善出来る
PCから離れれば治る

もしも、このような認識を持ってらっしゃったら……

貴方の目のトラブルは、今後もますます悪化してしまうかもしれません。

まず、『疲れ目、眼精疲労、ドライアイは「目」だけの病気』という認識ですが、
これは間違いです。

たしかに、これらの症状は目のトラブルですが、
目以外の所にも原因が隠れている可能性があるのです。

それは、脳であったり、肩こりや内臓疾患であったり、精神的なものであったり。
様々な「歪み」が、目に表面化しているのです。

ですから、目薬だけでは改善出来ません。

目薬はあくまで補助的なもの。
涙を補ったり、一時的な潤いは与えてくれます。
しかし、根本的な治療にはなりません。

PCも目のトラブルの大きな要因の一つですが、
PCだけが原因では御座いません。
PCをやめただけで症状が改善されるとは限らないのです。

ドライアイ改善7STEPプログラム

ドライアイ改善7STEPプログラム

力強く輝く瞳は、貴方の魅力を何倍にもアップしてくれます。
これはプラスの目ヂカラ。

一方、気力に乏しく淀んだ瞳は、
貴方の魅力も運気も大幅にダウンさせてしまいます。
これがマイナスの目ヂカラです。

最近は、メイク等で目を大きく見せて、目ヂカラをアップさせようという方も多いですよね。

でも、それだけでマイナスをプラスに変えることは出来ません。

何故なら……

マイナスの目ヂカラの正体は、疲れ目、眼精疲労、ドライアイというカタチで
表面にあらわれた「脳の悲鳴」でもあるからです!

目が痛い、重い、充血しているというような表面的な苦痛だけでなく、
「脳や身体の歪み」が目に噴出しているのです。

つまり……

疲れ目や眼精疲労、ドライアイを改善してプラスの目ヂカラを取り戻すと言う事は
脳機能の回復、身体機能の回復を図ることでもあるのです。

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法

リカバリー・アイ

リカバリー・アイ

リカバリー・アイ


乾きや充血を目薬で潤おす。
まぶたの腫れをメイクでごまかす。
……それは表面だけを取りつくろっている状態。

疲れ目や眼精疲労、ドライアイを根本から改善する為には、

1.目自体へのダメージを防ぐ
2.脳、身体の機能を正常に戻す

という、2つの側面からの改善アプローチが必要なのです。

ドライアイ改善7STEPプログラム

ほんべ式 疲れ目 眼精疲労 ドライアイ改善7STEPプログラム

ほんべ式 疲れ目 眼精疲労 ドライアイ改善7STEPプログラム

目薬は一時的な潤いを与えてくれます。
そのおかげで、点したそのときは改善されたように思うかもしれません。
しかし、その成分によっては眼精疲労やドライアイを悪化させてしまうことも。
視力回復法
目薬といっても立派な薬ですから、軽い気持ちで何度も使っていると副作用の危険性があることを忘れてはいけません。自分の症状をよく理解し、薬の効用と症状が合うものを使用しなければ、目に悪影響を及ぼしてしまいます。

目が疲れたら、目の周りのマッサージを行う人は多いと思います。
マッサージをすれば、血行が改善され、スッキリとするかもしれません。

でも、正しい方法で行わないと、眼球を傷つけたり、目の病気を引き起こしたり、
気分を悪くしてしまうこともありますので、危険な方法でもあります。
目は非常にデリケートなので、細心の注意が必要なのです。

疲れ目や眼精疲労、ドライアイ症状が続くと、視力低下を招くことがあります。
そうなると、低下した視力を補うために、メガネやコンタクトで視力矯正を
行おうとする人が多いですよね。

ほんべ式 疲れ目 眼精疲労 ドライアイ改善7STEPプログラム

ほんべ式 疲れ目 眼精疲労 ドライアイ改善7STEPプログラム

ほんべ式 疲れ目 眼精疲労 ドライアイ改善7STEPプログラム

しかし、安易にメガネの度数を上げたり、コンタクトをつけると、
さらなる目のトラブルの元になったり、症状の悪化につながります。

もしもどうしても必要なのであれば、メガネやコンタクトは、眼鏡屋さん等で安易に作るのではなく、眼科医師に症状を相談して処方してもらい、ぴったりのものを作るようにしましょう。
さて、
もしも、この3つに当て嵌まるものがあれば、今直ぐにやめて下さい。

改善する所か、大変なことになってしまいます。


>>更に詳しい内容はこちらから









記事へトラックバック / コメント


月別リンク

ドライアイ改善7STEPプログラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる